黙想会の感想黙想会の感想

東京 黙想会の感想 ② 2018年7月

「イエスとの関係」 東京黙想会 感想
聖霊修道院 マリア館 2018年 7月23日(月)~24日(火)
JESUSとの関係を深める。
JESUSが相手になって下さる時間の中で、自分が意識しない言葉を発している。
“JESUSはあなたにとって何ですか?”と、言う問いに、
自分で考えていた言葉とは違う言葉が無意識に内から出ていた。
“わたくしとあなたです。”

この言葉が今のわたくしとJESUSの関係なんだと確認でき感謝しています。
ことばは“言霊”だという事を改めて考えさせられています。
ドイツ語で“HAT”と言う言葉は、日本語の“心”と“心臓”と言う二語の言葉の意味があると・・・・・・。
現すことが出来ないことばを大切にしていきたいと思います。
♪感謝~感謝~ (Y. O.)
*********************************
自分自身、癒されている人が他の人を癒すことができる。
 神父様の言葉が深くしみました。
 自分と共に住み、歩んで下さる方。
 イエス キリストに信頼して歩みたいと願っています。
(Y. K.)
*********************************
自分とイエスの関係を少しでも明確にできるなら生きる力になると思う。
黙想会に参加させてもらってその都度、そのとき必要な力をいただいてきた。
イエスの名はギリシャ語、方言ではヨシュアと言う。その名前の意味は、「救いはここに居る」。
「ここに居ること」を心に刻みたい。解放されつつある自分自身を感じている現在、
自分自身であることを支えられ導いてくださるイエスに感謝。   
本ものの信仰を生きられるように大切な内容を現実の生活の例を通して、忍耐強く教え、
勇気を持ってチャレンジすること、共に考えて下さるキッペス先生に心から感謝。
(E. N.)
*********************************
イエズス様からキッペス神父様を通して私たちに豊かな学びのプレゼントをありがとうございます。
互いに癒し癒され、ほんものに触れさせていただく黙想会は魅力的です。でも、かなしいかな。修道院を一歩出て日常に戻りますと、世間にとっぷりの私は表面の顔とは裏腹に、無意識に自己中心的になってしまいます。
今こういう自分自身の究明に向き合っています。
また、“沈黙”という言葉の重さと必要性を今回ひしひしと感じました。
“ポジティブな沈黙”にこれからはチャレンジして、憧れのイエズス様に喜ばれる人間に少しでも近づきたいと思います。
(A. F.)
*********************************
今回が2回目の参加です。
前回の倍の方が参加され、新たな出会い恵みを感じました。
(神との出会いは、人数は関係ないけれど)いろいろな方とイエス様のお話をしあえることはよろこびです。
イエスが自分自身の中にあるというインスピレーションをいただけた瞬間があり、ありがたかったです。(A. F.)
*********************************
生命の危険がありますの、猛暑報道の中、私達の霊的生命を生かし、励ます為に、キッペス神父様には、お時間を提供頂き心より深い感謝を申し上げます。
限りある生命を生きている過程での、大きな、大きな出会いを神様にそして皆様に、また、私自身の勇気にも、有難うの気持ちです。
絶えず祈りなさい→信仰を頂く為に、聴く謙虚な心を頂く為に、そして神様を信じるために、そして観想の世界に入る為に!!
今の時代、こんなに、こんなに私達を愛して下さって居られるイエスを知らせるのに困難がある事が残念です。せめて、私達ではなく、私が本物のキリストの弟子になり、お慰めしたいと思いました。
さあ、これからも、明日も,生命ある限り、イエスを慕い、着いて行きたいです。(T. S.)

日付: 2018年08月28日

戻る

私の思い(0件)




ログイン情報を記憶しますか?


※ブログの管理者が公開を承認するまで「私の思い」が反映されません。ご了承ください。

バナー

  • イエスのみことば
  • パワーを合わせよう 共に祈ること 黙想会 電話で祈る会
  • こころのリハビリ 毎月の黙想 新刊・既刊書紹介
  • 祈りのリクエスト