イエスとわたしイエスとわたし

聖書

 以上述べたように黙想の始めに
 イエス、あなたから言葉を頂くのを感謝しています。 私にとってあなたの言葉は宝であり、又、なくてはならないものです。 私は聖書を正しく解釈することは大切だと知りながら、聖書を研究するのにあまり努力を払いません。

j1003.jpg

 聖書を研究するより、聖書で祈るのが好きです。 こうすることによって言葉や節の本来の意味を誤って解釈しているかも知れませんが私はこの「ありのまま(主観的)」のアプローチが好きです。 このように毎日、あなたからの特別な言葉を待っているのです。 私の一日はその言葉によって運ばれてゆきます。それはよい伴侶であり、又、心を満たしてくれるエネルギーです。その日一日が経つにつれてその言葉を思い起こす習慣を身につけています。
 しばしば聖書を読むとき、あなたの言葉をラインマーカーで印をつけます。 その黄色い印があなたの言葉を浮きたたせてくれます。 時々私はあなたの言葉を「メモカード」に書き写します。それらのカードを「食券」あるいは「配給券」と呼んでもよいでしょう。 私はこれらの手ごろなカードが気に入っています。

日付: 2007年05月14日

戻る

バナー

  • イエスのみことば
  • パワーを合わせよう 共に祈ること 黙想会 電話で祈る会
  • こころのリハビリ 毎月の黙想 新刊・既刊書紹介
  • 祈りのリクエスト