イエスとわたしイエスとわたし

「イエス」という名前と黙想

 あなたの名前 “イエス” が何となく好きです。あなたの名前を言ったり、黒板や便せん、リポート用紙に書くのが好きです。あなたの名前が書いてあるボードを飾ったりするのもすきです。あなたの名前ほど、意識して繰り返したり言ったりしたものは他にはないのです。

j1002.jpg


 黙想の間、時折体験させてもらうわずかな精神的に高度でしかも充実した瞬間は、私にとって非常に貴重なものです。その時私は、あなた(イエス)が非常に近くに居てくださるのを感じるのです。私はこうした瞬間を逃がしたくありません。数日あるいは数ヶ月もしくは1年に一度でも、そのような瞬間に恵まれれば、毎日一時間瞑想(黙想)する努力と苦労は、十分に報われるのです。この一時間は、私にとって一日のよいスタートになります。心に平安をもたらし、特に忙しい時にくつろぎを与え、私自身や私が愚かだと思っている人を受け入れることができ、私に対して権威をふるう人や私の競争相手を認めさせ、そういった嫌いな人たちの存在や行動をも許そうとするきっかけになります。
 1時間の黙想中、何もよいひとときがなくても、その1時間の黙想は一日の生産的仕事よりも遙かに優れているとき、心を安心させ、人生に方向付けを与えてくれます。
 黙想の際私は、「御父」と繰り返している自分に気づくことが時々あります。以前私は、あなたと、御父と、聖霊のために時間をちょうど三等分しなければならないと感じていました。しかし今では最初に頭に浮かんでくる名を繰り返しています。正直に言えば私はあなたの名“イエス”を口ずさむのが一番好きです。

日付: 2007年05月14日

戻る

バナー

  • イエスのみことば
  • パワーを合わせよう 共に祈ること 黙想会 電話で祈る会
  • こころのリハビリ 毎月の黙想 新刊・既刊書紹介
  • 祈りのリクエスト