イエスとわたしイエスとわたし

このホームページをたずねてくださるあなた Lieber japanischer Freund!

 イエスとの長い話をしている間、多少なりともあなたを置き去りにしてしまったことを済まなく思っています。しかし、あなたの前でイエスと私が直接話したことによって、もっとオープンに、正直に、そして明確に話せるのを助けてくれたと思います。
 毎日の生活の中で、イエスと関わっているよりも仕事と関わっている方が多いことが明らかになっています。しかし、イエスと私との関わりが薄く少ないと感じながらも、なおイエスが私自身の存在の根底であると確信しています。イエスは、私の命の源であり、私の存在理由であり、特にこの日本にいる存在理由でもあります。

イエスが私にとって何を意味するか、次にまとめてみます。
イエスは、 私の希望、頼ることのできる方です。
イエスは、 私を自由にし、恐れを除いてくれる方です。
イエスは、 私を理解し、私に忍耐してくれる方です。
イエスは、 私をありのままに受け入れてくれる方です。だから私も自分自身をありのままに受け入れることが可能になります。
イエスは、 私に自分の価値を再確認させてくれる方です。
イエスは、 私が愛し、私を愛してくれる方です。
イエスは、 私に使命を与えた方です。

j3007.jpg

 この使命とは、あなたや私が、出会える人を価値あるものとして再確認することです。あなた自身は分からなくても、大切な人で、イエスに大切に(愛)されているのです。この使命を果たすためなら私はいつでも死ぬことができる程、私にとって価値のあるものです。
 イエスが私を呼んだのは、彼が私を大切にし、今もなお大切にしてくれているからです。彼の私への愛以外に彼が私を呼ぶ理由を見付けることはできません。イエスは愛するために愛します。イエスは愛です。彼は私を友と呼びます。このことを信じている私は、イエスに友として語りかけるのが一番好きです。

日付: 2007年05月14日

戻る

バナー

  • イエスのみことば
  • パワーを合わせよう 共に祈ること 黙想会 電話で祈る会
  • こころのリハビリ 毎月の黙想 新刊・既刊書紹介
  • 祈りのリクエスト